Tickets purchase
VideoPass purchase
News
10 days 前
By motogp.com

アビンティア・レーシング、来季もドゥカティを希望

19年はドゥカティの19年型を希望し、20年は他のファクトリーに変更する可能性を示唆。

レアーレ・アビンティア・レーシングのチーム代表、ラウール・ロメロは先週、当サイトにインタビューに応え、ドゥカティ・コルセとの技術提携を来季も継続する希望を明かした。

14年9月にドゥカティとの間でバイク供給に関して初めて合意した後、毎年契約を更新。昨年4月に18年末までの契約を延長したことから、注目される19年シーズンに関して、「チームは大変良く強固され、ものごとは上手く行っていることから、何もいじらない方が良いです。少なくてもあと1年は、ドゥカティとのパートナーと継続しましょう。アイデアとしては、スポンサーを見つけ、19年型のドゥカティを入手することです。」

「20年に関しては、さらにチームを確立することができれば、ヤマハの候補として、シャッフルの中に入ることができるかもしれません。もし、ヤマハがどのチームにもバイクを供給しなければ、スズキ、もしくはアプリリアのシャッフルに入るかもしれません」と、2年後に他のファクトリーに変更する可能性を示唆した。