Tickets purchase
VideoPass purchase
News
29 days 前
By motogp.com

モルビデッリ&クアルタラロ、ヤマハサテライトチームのラインアップ

ヤマハのサテライトチームとして来季から参戦するセパン・インターナショナル・サーキットのチーム体制が決定。

ヤマハのモーター・レーシング・マネージング・ダイレクター、リン・ジャービスは12日、レッドブルリンクで開催された第11戦オーストリアGPのウォームアップ走行中に国際中継のピットレポーターによるインタビューに応え、来季結成されるヤマハの新しいサテライトチームに関して発言。

最高峰1年目で総合17位に進出している23歳のイタリア人ライダー、フランコ・モルビデッリと中量級2年目で総合9位に躍進している19歳のフランス人ライダー、ファビオ・クアルタラロが起用されることを明かした。

「我々はライダーに関する発言権も選択権もありません。最終的な決定権は、サテライトチームが所有しますが、当然、誰であろうと、M1を走らせる能力があることを確認するために、我々の最終的な承認が必要となります。」

「彼らはフランコ・モルビデッリを選択しました。我々としても大変興味深いライダーです。ワールドチャンピオンであり、VR46アカデミーに所属しているライダーです。決定的に才能があり、今年使用しているバイクよりもM1の方が上手く走らせることができると考えます。」

「フランコに関しては、最初から疑いの余地はありませんでした。そして、ファビオ・クアルタラロを選びました。19歳と非常に若いライダーですが、決定的に素晴らしいタレントの持ち主です。もしかしたら、ここ数年間は方向性を失ったかもしれません。グレートなリザルトを獲得していませんが、今年は将来有望なライダーであることを証明しました。時々、才能のあるライダーを選択して、あまり期待しないときがありますが、成功を挙げることがあります。ハフィス・シャリンがその例です。我々はライダーの選択に関して大変満足しています」と、サテライトチームのラインアップを説明した。

Support for this video player will be discontinued soon.

MotoGP™クラス‐ウォームアップ走行