Tickets purchase
VideoPass purchase
News
26 days 前
By Ducati Team

スペイン勢に挑戦するドビツィオーソ「優勝争いができる」

今季2度目のポールポジションを逃したが、1列目から2戦連続4勝目を狙う。

ドゥカティ・チームのアンドレア・ドビツィオーソは、第14戦アラゴンGPの公式予選2で、ポールポジションタイムから0.014秒差の2番手。明日の決勝レースを今季4度目の1列目から迎える。

初日は1番手と3番手。2日目はフリー走行3で3番手を維持。レースシミュレーションとなるフリー走行4は、2度のコースインで14ラップを周回すると、1分49秒台を3回、1分1分48秒台を6回記録して4番手に進出。

「予選は良かった。タイムが接近していたから、簡単に2列目に終わってしまう状況の中で1列目を獲得することが重要だった。スペースを見つけて、速く走れていたけど、バウティスタを抜く必要があり、そこで多少時間を失ってしまった。」

「グレートなタイムだったけど、バイクが良く走っていることが本当に嬉しい。グッドなペースだ。明日は優勝争いができると思うけど、タイヤの消耗が違いをもたらすだろう。状況を上手くマネージメントして、可能な限り最善の戦略を実行しなければいけない」と、2日目を振り返り、レースのカギを説明した。

ドビツィオーソ「期待していたより良かった」

特別価格で提供中の『VideoPass』では、第14戦アラゴンGPから最終戦バレンシアGPまで生中継とオンデマンドで配信。