Tickets purchase
VideoPass purchase
News
23 days 前
By LCR Honda CASTROL

クラッチロー「マルクと全く同じ転倒」

今季3度目の転倒リタイアを喫して、インディペンデントチームライダー部門の総合1位を維持。

LCR・ホンダ・カストロールのカル・クラッチローは、第14戦アラゴンGPの決勝レースで2列目4番グリッドから7番手走行中の5ラップ目に週末4度目、今季17度目の転倒を喫し、今季3度目の転倒リタイアを喫した。

「良いスタートを切ったけど、ホルヘが僕の目の前で転んだ。彼の責任ではない。あれはレースアクシデント。彼に激突すると思い、止まる必要があり、それで9番手、10番手まで後退してしまった。そこから追い上げてたけど、ウォームアップ走行の1コーナーで転んだマルクと全く同じように、バイクが蹴り上げられるような形でブレーキを失ってしまった。」

「レース中はかなり良い感じがあり、ペースが嬉しかった。必要であれば、もっと速く走れるという感覚があった。長いレースになることが分かっていたから、自分のポジションが嬉しかった。アレイシとダニを狙い、もしかしたら、その後に表彰台争いができたかもしれないけど、ドビとマルクはグレートな走りをしていた。スズキは上手く闘っていたから、表彰台は難しかったかもしれない。転倒してしまったから、今はタイを待つしかない」と、第9戦ドイツGP以来となる転倒リタイアを振り返った。

360度オンボード映像~カル・クラッチローのクラッシュ

特別価格で提供中の『VideoPass』では、第14戦アラゴンGPのオンデマンドと第15戦タイGPから最終戦バレンシアGPまでの生中継を配信。