Tickets purchase
VideoPass purchase
News
11 days 前
By Repsol Honda Team

トップグループに追いついたペドロサ「好機を活かせなかった」

今季初表彰台獲得に向けて上位陣を追走したが、今季4度目の転倒リタイア。

レプソル・ホンダのダニ・ペドロサは、第15戦タイGPの決勝レースで3列目7番グリッドから5番手走行中の19ラップ目に今季7度目の転倒を喫した。

「今日の結果は残念。表彰台を争う現実的な機会があったけど、トップグループを捕まえようとプッシュしているところで、フロントを失ってしまった。凸凹に乗ってしまい、転倒を回避することができなかった。」

「決定的な瞬間はスタート。クラッチに問題があった。その後にミラーが猛スピードでコーナーに突っ込んで来たから、2人揃ってワイドにはらんでしまい、タイムロスしてしまった。ほぼ全員と同じようにハードタイヤの装着を強いられ、タイヤを温めるのに3ラップを費やしてしまった。あまり良いグリップがなかった。」

「数ラップはグッドなタイムで走れ、トップグループに追いついたことはポジティブ。好機があったけど、活かすことができなかった。次戦は上手く行くことを期待する」と、転倒の理由を説明し、次戦日本GPに向けて気持ちを切り替えた。

特別価格で提供中の『VideoPass』では、第15戦タイGPをオンデマンドで配信。第16戦日本GPから最終戦バレンシアGPまでライブ配信で提供。