Tickets purchase
VideoPass purchase
News
8 days 前
By Movistar Yamaha MotoGP

日本GP前に表彰台を獲得したビニャーレス「この調子で行きたい」

週末に取り組んだ重量配分の作業が功を奏して、今季最も優勝に近づく3位を獲得。

モビスター・ヤマハ・MotoGPのマーベリック・ビニャーレスは、第15戦タイGPの決勝レースで2列目4番グリッドから0.270秒差の3位に入り、第9戦ドイツGP以来今季4度目の表彰台を獲得。総合3位とのギャップを26ポイント差に詰めた。

「僕たちは非常に近かった。終盤に強いスタイルを少し取り戻した。3番手まで追い上げたけど、抜くのは非常に難しかった。バレンティーノを抜くのは簡単だったけど、ドビツィオーソとマルケスを抜くのは不可能だった。この調子で行きたい。僕たちは良い仕事をしている。毎週、こうでなければいけない。日本で再現させよう。」

「タイヤの左側が非常に厳しかった。スピニングに苦しんでいたから終盤に強く走れたとは思わない。僕たちは苦しんだけど、コーナリングで強さがあった。バイクは良く曲がった。これはここ数戦不足していたこと。今週末は重量配分を調整する仕事に取組み、後方に加重をかけた。これが日本でも機能することを期待する。」

「バイクの改良を続けるための仕事を継続して行くから、ヤマハを元気付けなければいけない。ザルコがグッドなレースをした。これはヤマハが全体的に良かったことを意味する。次戦で再確認することが重要だ」と、久々に決勝レースに笑顔を見せ、次戦日本GPへの期待を膨らませた。

Support for this video player will be discontinued soon.

ビニャーレス「バイクの変更はポジティブだった」

特別価格で提供中の『VideoPass』では、第15戦タイGPをオンデマンドで配信。第16戦日本GPから最終戦バレンシアGPまでライブ配信で提供。