Tickets purchase
VideoPass purchase
News
23 hours 前
By motogp.com

Moto3™クラスプレビュー

総合1位マルティンと総合2位ベツェッキのギャップは26ポイント差。

第16戦日本GPは今週末、ツインリンクもてぎで19日に初日、21日に決勝レース(開催時間11時00分)が行われ、前戦タイGPで左手に問題を抱えながら4位に進出したポイントリーダーのホルヘ・マルティンが昨年のレインレースで15位だった当地で、タイトル獲得に向けてポイントアドバンテージの拡大を目指す。

前戦の接触転倒で今季5度目の0ポイントに終わった総合2位のマルコ・ベツェッキは、昨年初めてのツインリンクもてぎで4番グリッドから初表彰台となる3位を獲得。3連戦の緒戦で26ポイント差の挽回を狙う。

前戦で今季2勝目を挙げた総合3位のファビオ・ディ・ジャンアントニオは、総合1位に29ポイント差、総合2位に3ポイント差まで挽回。再び射程圏内に捉えた勢いに乗って、マルティンとベツェッキに挑戦。

最終ラップで転倒を喫した総合4位のエネア・バスティアニーニは、2年前の16年に優勝を挙げた日本GPで今季2勝目を狙い、左肩の亜脱臼と肩甲骨の骨折が原因で前戦を欠場した総合5位のアロン・カネトは復帰を予定。

来季の継続参戦が決定した総合15位の鈴木竜生、総合20位の鳥羽海渡、総合21位の佐々木歩夢はホームレースでの上位進出を目指し、前戦で好走を見せた総合29位の真崎一輝は、レギュラーライダーとしてホームデビュー。

全日本選手権のJ-GP3に参戦する岡崎静夏と福嶋佑斗がワイルドカードとして初参戦する。

Support for this video player will be discontinued soon.

Moto3™クラス‐決勝レース‐ハイライト