Tickets purchase
VideoPass purchase
News
20 days 前
By Tech3 Racing

日本GPで左脚を骨折したベンスナイダーは欠場

代役は来季イデミツ・ホンダ・チーム・アジアから初参戦するディマス・エッキー・プラタマ。

テック3・レーシングは31日、第16戦日本GPの決勝レースで最終ラップにエンジンが破損してエンジンパーツの一部が左脚に激突し、脛骨を骨折した19歳のオランダ人ライダー、ボ・ベンスナイダーが今週末にセパン・インターナショナル・サーキットで開催される第18戦マレーシアGPを欠場することを発表。

23日に都内で手術を受けたベンスナイダーは、29日にオランダ・アーネム市内の病院で2度目の手術を受け、無事に退院。

前戦オーストラリアGPでは、最高峰クラスの参戦経験を誇る31歳のオーストラリア人ライダー、ブライアン・スタリングを起用。26番グリッドから21位で完走していた。

今週末は、来季イデミツ・ホンダ・チーム・アジアから初参戦が決まっているMoto2™欧州選手権に参戦する25歳のインドネシア人ライダー、ディマス・エッキー・プラタマを招集。ワイルドカード参戦した昨年10月のマレーシアGPと今年6月のカタルーニャGPに続き、3度目の参戦となる。

特別価格で提供中の『VideoPass』では、第17戦オーストラリアGPまでのフルレース、ハイライトをオンデマンドで配信。次戦マレーシアGPと最終戦バレンシアGPを生中継で提供。