Tickets purchase
VideoPass purchase
News
1 day 前
By Ducati Team

サバイバルレースを制したドビツィオーソ「新品タイヤに履き替えた」

バレンシアで初めて優勝を挙げ、11年目の最高峰クラスで自己最多となる9度目の表彰台を獲得。

ドゥカティ・チームのアンドレア・ドビツィオーソは、最終戦バレンシアGPの決勝レースで、第13戦サンマリノ&リビエラ・ディ・リミニGP以来今季4勝目、最高峰クラスで12勝目、キャリア通算21勝目を挙げた。

「クレージーなレースだった。最初のレースは、フィーリングがあまりなかった。アレックス・リンスのスタートは、まるでミサイルのようだった。非常に速く、追いかけることができなかったけど、プッシュすることができた。序盤に転倒しなかったことを誇りに思う。」

「2レース目に新しいタイヤに履き替え、良い感じがあった。バレンティーノがブレーキングで強かったから、この分野を強化するために、セットアップを調整したことで、ライバルたちを追い込むことができた。彼らは苦しみ、僕はアドバンテージを得ることができた。」

「バイクはパーフェクト。ライバルたちよりも速く走ることができた。昨年までとコンディションが違うけど、バレンシアで優勝することができた。このフィーリングでシーズンを終わらせることができて本当に嬉しい。」

「コンディションを画面で確認するのとライダーがトラック上で見て感じることは違う。セーフティ委員会の中で、コンディションが非常に困難な場合には、状況を理解するために助けてほしいと頼まれたから、僕は手を挙げた。これは過去のように、誰かがアドバンテージを得るようと思って行った行為ではない。トラックのコンディションは非常に悪かったから、丁度の良いタイミングで赤旗が提示された。」

「正直、今シーズンは期待していたように上手く行かなかった。目標を達成できなかった。浮き沈みが激しかったから、多くの仕事に取組み、ブルノからバレンシアまで、違いを作り出すことができた。僕たちは巻き返した。経験を積み、学習した。」

「マルクがベストだった。これは疑いのない事実だけど、思われているよりも僕たちは彼に接近した。ウェットコンディションで優勝したから、ファンタスティックな週末となった」と、優勝を挙げたレースを振り返り、シーズンを総括した。

Support for this video player will be discontinued soon.

ドビツィオーソ「小さな変更が大きな効果をもたらせた」

VideoPass』では、サーキット・リカルド・トルモで開催されるオフィシャルテストを生中継で提供。