Tickets purchase
VideoPass purchase
News
8 hours 前
By motogp.com

レース中断に関する規則の変更

グランプリ・コミッションが誤解を回避する目的で、既存の規則をより明確に修正。

Tags 2019

FIM国際モーターサイクリズム連盟は20日、グランプリ・コミッションがレース中断に関する規則を協議し、来季19年シーズンから施行する幾つかの修正を施したことを発表した。

競技規則(即時施行)
レース順位とレース中断後にリスタートする資格
グランプリ・コミッションは、チーム、ライダー、ブロードキャスター、メディアによる誤解を回避する目的で、既存の規則をより明確にするために規則を変更した。

中断されたレースの順位
レースディレクターがウォームアップラップの開始から任意の時点でレースを中断することを決断した場合、フィニッシュライン上と全てのマーシャルポストで赤旗が表示され、レッドライトが点灯される。ライダーたちは直ちに減速し、ピットレーンに戻らなければいけない。

結果は、トップを走るレースリーダーと全てのアクティブなライダー(レースを続行していたライダー)が、赤旗が表示されていないフルラップを完了した時点が反映される。

例外:
i.) チェッカーフラッグが表示された後でレースが中断された場合、次ぎの手順が適用される。

1. 中断前にチェッカーフラッグが表示された全てのライダーについては、ラストラップの終わりが順位となる。
2. 中断前にチェッカーフラッグが表示されなかった全てのライダーについては、ラスト2ラップの終わりが順位となる。
3. 完全な順位は、ラップ/タイムの手順に従って、両方の順位を組み合わせて順位が決定する。

ii.) 中断されたレースでは、トップを走るレースリーダーと全てのアクティブなライダー(レースを続行していたライダー)が、赤旗が表示される前に同じラップを完了し、その時点で、赤旗提示によりピットレーンの出口が閉鎖され、計測ポイントを通過しなかったライダーがいる場合、結果は、レースリーダーと、レースリーダーと同じラップを通過した全てのアクティブなライダーが最後に計測された結果が採用される。

ライダーの計測トランスポンダーに問題が生じた場合、結果はフィニッシュライン以前の結果から取得される。

赤旗が表示されているとき、レースに積極的に参加していないライダーは順位が与えられない。

赤旗が表示されてから5分以内に、バイクに乗って、指定されたピットレーン入口の計測ポイントを通過してピットレーンに進入しないライダーには順位が与えられない。

例外的な状況、例えば、中断されたレースでレース後のセレブレーションは完了として認められる。

MotoGPクラス‐中断されたレースの順位
現状の規則では、最高峰クラスにおいて、中断されたレースの複数のリスタートが可能である。リスタートが可能でない状況では、5ラップ以上が完了していれば、前のレースの結果に基づいて結果が決定される。

中断されたレースのリスタート
グリッドポジションは最初のレースの終了順位に基づく。

1ラップ少ないライダーは、ピットレーンからスタート。
2ラップ少ないライダーは、リスタートすることができない。

3月10日に開幕する19年シーズンを生中継で配信する『ビデオパス』では、オフシーズンの期間中にアーカイブの見放題とオフィシャルテストのビデオコンテンツを提供するオフシーズンビデオパスを提供中。