Tickets purchase
VideoPass purchase
News
4 days 前
By motogp.com

オフィシャルテスト~新天地移籍のカネトが1番手に浮上

マックス・ビアッジが率いるステリルガルタ・マックス・レーシングから参戦する19歳のスペイン人がホンダからKTMに乗り換えて最速時計。

軽量級のオフィシャルテスト2日目は21日、ヘレス・サーキット-アンヘル・ニエトで行われ、1日目総合13番手のアロン・カネットがトップタイムをマーク。総合1番手に浮上した。

ドライコンディションの中、10時00分から11時10分、12時40分から13時50分、15時20分から16時35分のセッションが行われ、ジャウメ・マシア、カネト、トニー・アルボリーノが1番手に進出。

1日目総合17番手の佐々木歩夢は、37ラップを周回して0.498秒差の8番手に浮上すれば、1日目総合8番手の小椋藍は、44ラップを周回して0.592秒差の10番手。

1日目総合6番手の鈴木竜生は、16ラップの周回数に止まって0.885秒差の16番手。1日目総合28番手の鳥羽海渡は、2日間連続の転倒を喫したが、54ラップを周回して1.159秒差の21番手。1日目総合19番手の眞崎一輝は、25ラップを周回して1.333秒差の25番手だった。

マルコス・ラミレス、ニッコロ・アントネッリ、トム・ブース‐アモス、ジョン・マックフィーが転倒を喫した。

ビデオパス』では、軽中量級のオフィシャルテスト、最高峰クラスのオフィシャルテストからビデオコンテンツを配信。