Tickets purchase
VideoPass purchase
News
5 days 前
By motogp.com

ドゥカティのエアロダイナイックスに対する控訴

近日中に公聴会が開催され、第2戦アルゼンチンGP決勝レース前に結果を発表。

3月10日、開幕戦カタールGPの決勝レース後、フレディ・スペンサー(IRTA/アメリカ)、ビル・カンボウ(FIM/アメリカ)、ラルフ・ボーンホルスト(FIM/ドイツ)によって構成されたMotoGPスチュワートパネルは、アプリリア・レーシング・チーム・グレシーニ、レッドブル・KTM・ファクトリー・レーシング、レプソル・ホンダ・チーム、チーム・スズキ・エクスターからアンドレア・ドビツィオーソ、ダニロ・ペトルッチ、ジャック・ミラーのドゥカティ車に搭載されたスイングアームのエアロダイナイックスデバイスに関して様々な抗議を受け、抗議を却下。

その後、抗議を訴えたチームは、FIMスチュワードのスチュアート・ヒッグス(イギリス)とカタール連盟によって任命された第2アピールスチュワードのセサリオ・サマリタ(フィリピン)で構成されるFIMアピールスチュワードに上訴。FIM世界選手権グランプリレギュレーションの3.3.3.2に従い、FIMアピールスチュワードは、MotoGP控訴裁判所に付託。

MotoGP控訴裁判所は、FIM国際審判委員会に所属する3名の裁判官で構成され、近日中に当該チームの代表者たちとの間で公聴会を開催する。

MotoGP控訴裁判所の決定は、3月31日のアルゼンチンGP前に発表され、開幕戦カタールGPの結果は、MotoGP控訴裁判所の最終決定に従う。