Tickets purchase
VideoPass purchase
News
6 days 前
By motogp.com

ドゥカティ「控訴裁判所で上訴が却下されると確信します」

エアロダイナイックスデバイスに関する開幕戦直後の抗議に関して、ルイジ・ダリーニャが状況を説明する共に控訴裁判所で決着がつくことを主張。

ドゥカティ・コルセのジェネラルマネージャー、ルイジ・ダリーニャは、当サイトのインタビューに応え、アプリリア・レーシング・チーム・グレシーニ、レッドブル・KTM・ファクトリー・レーシング、レプソル・ホンダ・チーム、チーム・スズキ・エクスターがドゥカティ車に搭載されたスイングアームのエアロダイナイックスデバイスに関するFIMアピールスチュワードへの上訴に関して、意見を説明した。

「我々は特にどうしてこのようなことが起こったのか少し当惑しています。技術規則に関して、MSMAモーターサイクルスポーツ製造者協会の中で、もしくはチャンピオンシップのテクニカルディレクターを加え、多くの議論を交わし、常に解決してきました。カタールの決勝レース前にもその会議がありましたが、技術的な疑問に関して、他社に対して抗議を訴えたことは今回が初めてのことです。これまでと異なることは明白であり、ネガティブな違いです。技術規則に従い、バイクに搭載することが合法であるかを判断できる唯一の存在であるチャンピオンシップのテクニカルディレクターは立場を表明しました。これはシェリフ(保安官)を殺害してしまう西部開拓時代になってしまう危険があります。全てのレースで抗議が行われる危険があります。」

「最初にテクニカルディレクター、次にMotoGPスチュワートパネルに対して疑問を抱きました。抗議は直ぐに却下されましたが、これはFIM国際モーターサイクリズム連盟の活動に対して、信頼感の欠如である考えが伝わります。」

「我々の仕事が技術規則を完璧に準拠していると確信し、MotoGP控訴裁判所が上訴に対して、我々が正しいと判断を下すでしょう。我々はそう信じ、確信しています。」

「カタールの決勝レースまで、ホンダとの関係は常に正しかったです。問題があったときには、適切な場所、つまり、MSMAのミーティング、もしくは、テクニカルディレクターを加えたMSMAのミーティングで議論しました。我々にとって、メーカー間の問題を対処する正しい手段だと考えます。カタールでは、4メーカーが対処法の変更を決断しました。ヤマハと共に創設者の1メーカーであるホンダの行動には驚きです。立場を変えることを決断し、国際モーターサイクリズム連盟に挑みます。」

「どのメーカーがどのメーカーを支援しているのかは分かりません。レースとチャンピオンシップにおける直接的なライバルの行動に関しては理解しますが、KTMとアプリリアの立場は理解できません。ヤマハとは、この件に関して話題にしていません。この抗議に賛同しなかった理由が分かりません。もしかしたら、ヤマハは我々と同じように、他の手段で対処するのが正しいと考えたかもしれませんが、それはヤマハが答えなければいけないでしょう。」

「国際モーターサイクリズム連盟内では、控訴裁判所で抗議を終了させますが、その次はスポーツ仲介裁判所となり、国際モーターサイクリズム連盟の枠を越えることになります。これは決して良い兆候ではありません。我々は正しく、技術規則を尊重し、控訴裁判所が異なる決定を下す理由が見当たらないことから、我々は落ち着いています。」

FIM国際モーターサイクリズム連盟は13日、FIM国際審判委員会に所属する3名の裁判官で構成するMotoGP控訴裁判所が公聴会を開催した後、3月31日のアルゼンチンGP前に判断を下すことを発表していた。

オフィシャルウェブサイトの『ビデオパス』では、開幕戦カタールGPをオンデマンドで見放題配信中。第2戦アルゼンチンGPから最終戦バレンシアGPまでの全セッション&全決勝レースを完全生中継配信。オフィシャルアプリを利用すれば、いつでも、どこでも、観たいときに『ビデオパス』の視聴が可能。