Tickets purchase
VideoPass purchase
News
29 days 前
By motogp.com

テック3代表が新人オリベイラを称賛

ヤマハからKTM、オリジナルのミストラルからKTMに乗り換えた緒戦を評価。

レッドブル・KTM・テック3のチームマネージャー、エルベ・ポンチャラルは、17位ミゲール・オリベイラ、20位ハフィス・シャリン、23位フィリップ・エッテル、26位マルコ・ベツェッキの開幕戦カタールGPを評価。パフォーマンスが向上して行くことを期待した。

「説明する必要はありませんが、この冬は途方もない量の仕事を消化しました。まだ公開していませんが、新たなデザインとなるトラックをはじめ、チームの全員が着用するユニフォームなどを準備する必要があり、全てが時間との戦いでしたが、素晴らしい手段でやり遂げました。そのことを誇りに思います。全ての関係者に感謝したいです。また、テストを実行する機会もあり、バレンシア、ヘレス、セパン、カタールに加え、オフィシャルチームと共にシェイクダウンテストにも参加しました。セパンでは、11月のテストで使用したバイクとは大きな違いがあることをライダーたちは感じ、特にフロントに関して、大きな自信が得られたことで、より攻めることができ、より明確なフィードバックを提供してくれましたが、カタールでは、正真正銘の始まりだと感じました。自分たち自身を評価する瞬間でした。」

「全体的に我々は良くやったと言えるでしょう。我々の参考となるオフィシャルライダー、ポル・エスパルガロにミゲールは並びました。ファビオ・クアルタラロと同じようにエンジンをストールさせてしまったことは不運でしたが、ピットレーンが閉まる直前にトラックに戻ることができました。最後尾からのスタートとなりましたが、だまされたことを認めます。1コーナーまでに8台を抜きました。その後には、2台のファクトリーライダーとホルヘ・ロレンソを抜いて、11番手まで浮上しました。序盤にタイヤを酷使してしまったことで、終盤は問題を抱えました。経験不足だと言えるでしょう。まだやるべきことが沢山ありますが、パフォーマンスは大変良かったです。彼は大変良いフィーリングがあり、私は彼のペースと分析力に感銘を受けました。」

「ハフィスは適応に苦しんでいます。この状況は本当に辛いです。全身全霊を尽くして仕事に取り組んでいます。1年間の経験を活かして、ミゲールの前を走ることを期待されていましたが、大きく離されてしまいました。しかし、我々は決して屈しません。彼を助けるために全力を尽くします。ライダーによっては適応の時間が必要ですが、彼のポテンシャルを知っています。このバイクで何ができるのかをチームメイトが証明したことから、モチベーションを高めるには十分です。」

「カタールではアドバンテージがありましたが、アルゼンチンは、ミゲールにとっては少なくても新たなトラックとなります。ヨハン・ザルコとポルに可能な限り接近するために、バイクをより認識し、前進しましょう。言葉を言い換えれば、目標はポイント圏内の進出です。グリッドのレベルを見れば、これは決して簡単なことではありません。ギャップは非常にタイトであることから、今年はさらにエキサイティングなシーズンとなるでしょう。我々は闘いに挑みます。」

「マルコをデビューした17年から注目していました。彼は正真正銘のファイターです。グレートなポテンシャルを備えますが、他の新人勢よりも素早い適応を期待していました。まだ軽量級の走り方をしています。彼のスキルに疑いはありません。彼を信じます。VR46・ライダーズ・アカデミーのスタッフたちは、『心配ご無用。適応します』と太鼓判を押してくれます。デビュー戦はスタート直後に他車と接触したことから参考になりません。勇敢な走りで、ポイント圏内に進出可能な良いラップタイムを刻んでいました。フィリップもライディングスタイルの変更に問題を抱えていますが、2人のルーキーには時間を与えなければいけません」と、起用する4人のシーズン緒戦を評価した。

オフィシャルウェブサイトの『ビデオパス』では、開幕戦カタールGPをオンデマンドで見放題配信中。第2戦アルゼンチンGPから最終戦バレンシアGPまでの全セッション&全決勝レースを完全生中継配信。オフィシャルアプリを利用すれば、いつでも、どこでも、観たいときに『ビデオパス』の視聴が可能。