Tickets purchase
VideoPass purchase
News
18 days 前
By Monster Energy Yamaha MotoGP

課題の解消に取り組んだロッシ「もっと強くなるかもしれない」

アクセラレーションとグリップのプログラムに着手。2タイプのハードタイヤもテスト。

モンスターエナジー・ヤマハ・MotoGPのバレンティーノ・ロッシは、13番グリッドから6位まで挽回した第4戦スペインGPの開催地、ヘレス・サーキット‐アンヘル・ニエトで行われたオフィシャルテストに参加。16度のコースインで74ラップを周回すると、1分38秒台25回記録して、トップタイムから1.677秒差の17番手だった。

「パッケージを改善するために幾つかのプログラムがあり、特にアクセラレーションとグリップの仕事に取り組んだ。テストはそれほど悪くなかった。僕たちのライブに変化をもたらすことは何も見つからなかったけど、幾つか細かいところがあり、全てを一緒にすれば、もしかしたら、もっと強くなるかもしれない。」

「ミシュランが準備した2タイプのタイヤを試さなければいけなかった。これはオーストリアとタイで使用されるタイヤ。硬く、強いタイヤだけど、僕はテストがしたかった。通常、このようなタイプのタイヤで少し苦しむけど、タイムアタックはしなかった」と、テスト内容を説明した。

Support for this video player will be discontinued soon.

ロッシ「アクセラレーションとグリッドの改善に着手」

20%割引で提供の『ビデオパス』では、第4戦スペインGPをオンデマンドで配信。次戦フランスGPを完全生中継で提供!