Tickets purchase
VideoPass purchase
News
4 days 前
By IDEMITSU Asia Talent Cup

イデミツ・アジア・タレント・カップ~西村が第1レースで優勝

ポールポジションから今季3勝目挙げて総合1位を維持。松山は3位表彰台と転倒。

イデミツ・アジア・タレント・カップは週末、セパン・インターナショナル・サーキットでマレーシア・スーパーバイク選手権の併催大会として開催され、第1レースで西村硝(にしむらしょう/17歳)、第2レースでアフリザ・ムマンダル(インドネシア/19歳)が優勝を挙げた。

第1レースは、2戦連続のポールポジションからスタートした西村が今季3勝目を挙げ、2番グリッドのムマンダルは、0.060秒差の2位。4番グリッドの松山拓磨(まつやまたくま/14歳)は、0.289秒差の3位表彰台を獲得。

第2レースは、ムマンダルが優勝。今季2勝目を挙げれば、5番グリッドのアデナンタ・プタラ(インドネシア/15歳)は、2.475秒差の2位に入り、7番グリッドのワリット・トーンヌパンク(タイ/20歳)は、2.535秒差の3位を獲得。第1レースで表彰台を獲得した西村松山は転倒リタイア。

他の日本勢は、五十嵐翔希(いがらししょうき/16歳)が3番グリッドから5位と転倒。総合15位の坂東遼翼 (ばんどうりょうすけ/16歳)は、15番グリッドから14位と転倒。総合18位の若松怜 (わかますれい/13歳)18番グリッドから17位と12位に進出した。

チャンピオンシップは、ポイントリーダーの西村が総合1位を維持。ムマンダルが18ポイント差の総合2位に浮上した。

次戦のタイ大会は、チャーン・インターナショナル・サーキットで10月5日に第1レース、6日に第2レースが開催される。