初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

青木治親、唯一の優勝経験者

青木治親、唯一の優勝経験者

青木治親、唯一の優勝経験者

青木治親は、日本GP唯一の優勝経験者として、250㏄クラスの決勝レースに立ち向かう。"ハル"は1995年に125㏄クラスで表彰台の一番高い所に登っただけでなく、二兄弟の宣篤と拓磨もそれぞれ250㏄クラスで2位、500㏄クラスで3位を、ホンダのライダーとして獲得した。

"ハル"は現在、95年~96年にチャンピオンを獲得した当時のチームで、新250㏄マシンの開発に取り組んでいる。「三兄弟でそれぞれ別のクラスを走っていたときは、好成績を残すためのプレシャーが確かにあった。好スタートができ、頭はチャレンジすることで一杯だったことを覚えている。優勝のセレモニーは思い出深い。」良い思いが残る一方で、26歳のライダーは今週末の過酷な挑戦に挑むことを自覚している。「今、ホンダとの親密な関係で250㏄クラスを走る機会があることに満足している。エンジンの幾つかの修正に取り掛かっており、シーズン終了に向け、いい仕事ができると期待している。」

Tags:
250cc, 2002, SKYY VODKA Grand Prix of Japan

Other updates you may be interested in ›