Tickets purchase
VideoPass purchase

チェカ、ウエルコムで再び表彰台を狙う

チェカ、ウエルコムで再び表彰台を狙う

チェカ、ウエルコムで再び表彰台を狙う

スペイン人ライダー、カルロス・チェカは開幕戦の鈴鹿に続き、今週末に開催される南アフリカGPで、再び表彰台獲得を狙っている。チェカは日本GPで収集した最良のデーターを下に、ウエルコムへの意気込みを語った。「3位獲得は、僕たちにとって好スタートだったが、もっといい成績をおさめることができたと認識している。鈴鹿で最も良かったのは、予選でポールポジション獲得寸前だったことだ。これは僕たちのマシンが、今現在、ハイレベルにあり、勝利の準備ができていることを証明している。」

マルボロ・ヤマハのライダーは、モトGP世界選手権第2戦が開催されるウエルコム・サーキットが気に入っている。「タイヤにとっては、厳しいサーキットである。2000年は好結果をおさめたが、昨年は負傷してしまった。路面はスリップしやすくが、マシンが滑るのはお気に入りだ。その上、サーキットはチャンピオンシップのなかでも最高のカーブを持っている1つである。バック・ストレートからの高速右コーナーは信じられないね。」

チェカは、ヤマハM1の開発について評価を述べた。「僕たちは素晴らしい仕事をこなしている。フロントの部分を改良する必要があるし、低速コーナーで多少の問題を抱えている。日本ではさらなる発展を果たが、ウエルコムではもっとスピードを上げなければならない。今、私たちは懸案だった新しいシャシーを2組手に入れたところだ。」

Tags:
MotoGP, 2002, Africa's Grand Prix, Carlos Checa

Other updates you may be interested in ›