初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

カルロ・カンペテッラ、好成績について語る

カルロ・カンペテッラ、好成績について語る

カルロ・カンペテッラ、好成績について語る

異なった条件下で開催された序盤の2レースにおいて、予選及び決勝レースで理想的なマシンを見つけたライダーがいる。カンペテッラ・レーシングのランディ・ド・ピュニエとアレックス・デボンの2人は、鈴鹿とウェルコムで好アクションを見せ、グランプリの主役を演じている。

チームの設立者カルロ・カンペテッラが、好調の要因について、motograndprix.comに語ってくれた。「私は大変満足しています。天候条件の異なる非常に困難な2レースでした。特に鈴鹿は苦難なコースでしたが、私たちのライダーたちは、適応能力を発揮し、素晴らしいポイントを獲得してくれました。IRTA(国際レーシングチーム協会)のテストでデーター収集ができ、とても重要なテクニカルな仕事を私たちはこなしてきました。ライダーたちは、好マシンを得、チームは結束し、完璧な仕事をしています。」

チャンピオンシップの日程については、「ヨーロッパ・ラウンドが始まれば、多くのライダーたちが、理想的なマシンを見つけ、際立った活躍をするライダーも出てきます。しかし、私たちの共同作業は、ポテンシャルを確実なものにします。ヘレスでは、コースを熟知するデボンがビックレースをすると期待しています。ド・ピュニエもスペインのサーキットが気に入っています。」

チャンピオンシップの情熱について、カルロ・カペテッラは控えめに言葉を選びながら、「最善を尽くすことを確信できますが、私たちの目標は、このカテゴリーのプライベート・ライダーに勝つことです。」

Tags:
250cc, 2002, Campetella Racing

Other updates you may be interested in ›