初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ワールドチャンピオン、暫定PP獲得

ワールドチャンピオン、暫定PP獲得

ワールドチャンピオン、暫定PP獲得

125ccクラスのワールドチャンピオン、マヌエル・ポジアーリが予選1日目を終始コントロールした状態で、暫定ポールポジションを獲得した。サンマリノ出身のヤングヤイダーは、2周目にトップに立つと、パブロ・ニエトとダニ・ペドロッサの地元スペイン人ライダーたちのアタックを抑えた。

ホンダに乗るペドロッサは、残り12分でトップに踊り出るが、6分後には同胞のニエトに抜かれる。ラスト3分間、3人は互いに暫定PPを目指し、タイムを塗り替えて行く。最終的には、ラスト1分半、ポジアーリが僅か0.08差で予選1日目を制した。

ポイントリーダーのアルヌー・ヴァンサンは、7位。日本人勢では、上田昇が10位につければ、東雅雄と宇井陽一はそれぞれ12位と13位で終わった。

Tags:
125cc, 2002, Gran Premio Marlboro de España

Other updates you may be interested in ›