初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

第3ライダー、シルバン・ギュントーリ

第3ライダー、シルバン・ギュントーリ

第3ライダー、シルバン・ギュントーリ

250ccクラスでデビューシーズンを過ごした後、シルバン・ギュントーリはグロワーズ・ヤマハ・テック3の第3ライダーとして、リスクある挑戦に立ち向かっている。19歳のフランス人ライダーには、ヨーロッパラウンドでYZR500で駆けるチャンスが控えている。

先週の月曜、多くのチームがヘレス・サーキットを後にしたが、ギュントーリは合同テストのセッションに参加した。「いろいろなことをテストし、500ccマシンでヘレスのコースを知ることができた。最終日に転倒してしまったが、エクレセントなコンディションで周回できた。」

鈴鹿とウェルコムでは、リザーブ・ライダーだったシルバンは、NO.50でライディングすることを数週間、待ち耐えている。「冬のテストから順調に進んでいる。予定プログラムを消化しているんだ。1ヵ月半の間、マシンに乗れなかったが、落ち着いて過ごせた。あとは、ヨーロッパでテストを実施することだけなんだ。少し奇妙な期間でもあったが、今、僕のプログラムがスタートしたばかりで、満足している。」

ギュントーリは、第3ライダーとしてのコンディションに問題を抱いていない。この経験が将来、有益になると自覚している。レースから離れた新たな人生について問われた時、ヤングライダーは、自分の意見を再肯定している。「当初から、有利と不利を承知の上だった。もちろん、レースで戦いたい気持ちがあったが、学ぶ機会でもあった。困難な選択だったが、全てを引き受けたんだよ。」

Tags:
MotoGP, 2002, Sylvain Guintoli

Other updates you may be interested in ›