初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

シャロル・ユージー、多難なジーズン序盤を語る

シャロル・ユージー、多難なジーズン序盤を語る

シャロル・ユージー、多難なジーズン序盤を語る

シャロル・ユージー。ペトロナス・スプリンタ・ヤマハ所属のマレーシア人ライダーは、ワールドチャンピオンシップ3年目に挑んでいる。現在、3ポイント獲得で、ランキング21位と期待通りの成績をおさめていない。グランプリ初挑戦の2000年は、ランキング18位。昨年は15位の成績を残している唯一の東南アジア人ライダーは、グランプリライダーとしての成長と250ccクラスのライダーとしての地位を望んでいる。ユージーは、彼の視点から序盤戦を振り返った。

motograndprix.com: シーズン序盤戦を振り返ってみて、どういう感想を抱いている?

シャロル・ユージー(以降SY): 率直に、あまりにも良くない。今シーズンの目標を達成するためには、さらに懸命に働かなければならない。

mgp.com: チームメイトのセバスチャン・ポルトは好スタートを切れた。これは、君にとって大きなプレッシャーかい?

SY: セバスチャンは経験を積んだライダーなんだ。だから、僕より好成績を挙げることに対して驚きはしないよ。僕にとっては何の問題にもならないし、反対に彼の傍で学べる絶好の機会だ。彼の好成績は、僕にもっと努力するように励みにもなるんだ。

mgp.com: マシンの性能には満足している?

SY: 3年目のワールドチャンピオンシップで、毎レース、いろいろなことを学んでいる。今の現状、マシンには満足しているし、セッティングやライディングも学び続けたい。全体的に、信頼感が増していると言えるよ。

mgp.com: 昨シーズンは、ランキング15位。今シーズンの目標はどこに置いているんだい?

SY: 目標は上位5位に入ることだ。容易ではないことは分かっているよ。優れたライダーが多いからね。でも、目標を達成するように最大の努力を惜しまないんだ。

Tags:
250cc, 2002

Other updates you may be interested in ›