初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ペラ・リバ、レースへ復帰

ペラ・リバ、レースへ復帰

ペラ・リバ、レースへ復帰

ペラ・リバは負傷からほぼ100%の状態にまで回復し、レース復帰を心待ちにしている。シリーズ開幕鈴鹿の予選走行中に転倒してから、右肩に負傷を抱え、厳しいシーズンを過ごした。シリーズ第4戦ル・マンでは、担当ドクターの助言もあり、欠場の判断を下していた。スペイン人ライダーは、イタリアへ出発前にmotograndprix.comに負傷回復状況を語った。

「ル・マン欠場はグッドな選択だった。この期間に、肩は違和感なく動くようになり、腕にも力が入るように回復した。1週間ほどマドリードに飛び、プールやエアーバイクを使用して炎症を抑えるトレーニングを実施した。エアーバイクのトレーニングの際に感じた痛みと、マシンを駆けるのとは、当然違うが、ケガの回復具合はレースへ復帰直前であると思われる。活気に溢れ、マシンに乗ったときの体調を確認してみよう。」

「ヘレスも欠場した方が、正しかったかもしれない。」とベテランライダーは語った。「その時は、それほど重症だとは知らなかった。南アフリカでさらに右肩に痛めてしまい、回復が遅れてしまった。負傷は、腱が裂けたわけではなく、亀裂が入った状態だった。手術の必要はなかったが、時間が必要だった。落胆はなかった。なぜなら、おそらく、僕には経験があり、ケガもこの世界の一部だと知っていたからだろう。」

リバは、ムジェロまで自分のモーターホームで移動する。「バルセロナを出発して、途中フランスで休息を取り、水曜にムジェロまで約200kmに位置するジェノバへ入る。このプロフェショナルな世界で、ミラクルはない。しかし、このグランプリの次には、カタルーニャが控えている。ホームで好ライディングをしたい。」

Tags:
MotoGP, 2002, Gran Premio Cinzano d'Italia

Other updates you may be interested in ›