初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

バッタイニ、3度目のポールポジション獲得

バッタイニ、3度目のポールポジション獲得

バッタイニ、3度目のポールポジション獲得

地元イタリア人ライダー、フランコ・バッタイニが今季3度目のポールポジションを獲得した。暫定PPのマルコ・メランドリが、この日もセッション開始から飛び出すが、昨日のタイムをなかなか更新できず、ラスト6分にトップの座をバッタイニに譲った。そして、セバスチャン・ポルトが続いた。チームメイトのシャロル・ユージーも7番手を獲得し、ヤマハの進歩が発揮された予選2日目だった。

メランドリとロカテッリが3番手と4番手で終わると思われた瞬間、トニ・エリアスとフォンシ・ニエトの‘アスパル'のスペイン人2人が終了間際に、イタリア人2人を抜いた。エリアスは今季最高の3番手からのスタートを獲得した。

関口太郎が11番手、松戸直樹が12番手、青木治親が13番手と日本人ライダー3人が並んだ。

Tags:
250cc, 2002, Gran Premio Cinzano d'Italia

Other updates you may be interested in ›