Tickets purchase
VideoPass purchase

‘スパイダーマン'メランドリ、地元グランプリ制覇

‘スパイダーマン'メランドリ、地元グランプリ制覇

‘スパイダーマン'メランドリ、地元グランプリ制覇

マルコ・メランドリが今シーズン2度目の旋風を地元ファンの前で飾った。フォンシ・ニエトも序盤の遅れを取り戻すアグレッシブな走りを見せれば、チームメイトのトニ・エリアスも250ccクラスに適応してきたことをレースで証明した。

地元グランプリ制覇に激しく火花を散らしたメランドリ、ロカテッリ、そしてバッタイニのイタリア人3人に、エリアスとデ・ピュニエが続く形でレースが展開された。フォンシは序盤の遅れを、持ち前のアグレッシブな走りで中盤から盛り返していった。ラスト2ラップの時点で、メランドリは、優勝には十分なスパートで2人を引き離した。2位にはロカテッリ。3位にはラストにエリアスを交わしたニエトが入った。青木治親は11位、松戸直樹は14位。関口太郎は、ファーストラップにクラッシュしたが、負傷はなかった。

ワールドシャンピオンシップのランキングでは、フォンシが85ポイントでトップをキープすれば、メランドリが15ポイントまで縮め、2位に上昇した。

Tags:
250cc, 2002, Gran Premio Cinzano d'Italia

Other updates you may be interested in ›