初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

宇井陽一、復帰の2位ゲット!

宇井陽一、復帰の2位ゲット!

宇井陽一、復帰の2位ゲット!

苦しんでいた宇井陽一が、シリーズ第5戦で復帰した。僅か2秒半内に15人のライダーがバトルする展開となった激戦で、ワールドチャンピオンのマヌエル・ポジアーリが地元グランプリを制した。

ペドロッサ、ポジアーリ、デ・アンジェリス、イェンクナー、チェッキネロ、宇井、そしてニエトと頻繁にポジションが入れ替わった。ドラマは、まるで恒例のごとく、ラストで生まれた。ニエトとペドロッサがチェッキネロを捕らえ、アンジェリスとイェンクナーがポジション後退し、宇井は戦況を見て、チャンスを探していた。ラストラップで地元優勝を目指したポジアーリがパブロ・ニエトとダニ・ペドロッサを交わした。そして、ラストストレートで宇井がスペイン人2人をスリップストロームから一気に抜き去った。

19番手スタートの東雅雄は、ファーストラップで9位にポジションアップ。終始トップグループで走行し、13位でゴールした。

ランキング総合トップのヴァンサンは、スタートを失敗し、9位でゴール。この結果、ポジアーリが、1ポイント差でトップに立った。

Tags:
125cc, 2002, Gran Premio Cinzano d'Italia

Other updates you may be interested in ›