初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ポジアーリ 僅少さでペドロッサを制す

ポジアーリ 僅少さでペドロッサを制す

ポジアーリ 僅少さでペドロッサを制す

マヌエル・ポジアーリが僅か0.019差で地元ダニ・ペドロッサを上回り、125ccクラスで優勝を挙げた。2人と宇井陽一の3人がスタートから抜け出し、激しい優勝バトルを展開する。しかし、ラスト9ラップのところで、宇井が転倒リタイヤし、イタリア人対スペイン人のマンツーマンバトルが、ゴールラインまで演じられた。

トップグループ後方では、ステーブ・イェンクナーが単独走行し、3位を獲得。オリベが21番手スタートから一時はトップ3にまでジャンプアップするが、最終的にはサンナとチェッキネロに続き、6位でチャッカーを受けた。5月4日に15歳となったばかりのホルヘ・ロレンソが史上最年少ポイント獲得ライダーとなった。また、東雅雄は15位だった。

ポジアーリは、この優勝で総合ポイント110に達し、2位のヴァンサンに20ポイントと突き放した。3位には86ポイントのペドロッサが付ける。

Tags:
125cc, 2002, Gran Premi Marlboro de Catalunya

Other updates you may be interested in ›