Tickets purchase
VideoPass purchase

予選最多距離走行ライダー フォンシ・ニエト

予選最多距離走行ライダー フォンシ・ニエト

予選最多距離走行ライダー フォンシ・ニエト

ランキング総合トップのフォンシ・ニエトは、250ccクラスで予選で最多距離を走行しているライダーでもある。ホルヘ・マルティネス・‘アスパル'指導の下、スペイン人ライダーは、限られた予選時間のなか、積極果敢に決勝レースへの準備とタイムアタックに挑んでいる。

フォンシとアプリリアは、第6戦終了時点で走行距離2.329kmに達している。2番手には、ランキング総合2位のマルコ・メランドリが59km差で続く。3番手には、こちらもランキング同様にロベルト・ロルフォが付け、彼のチームメイト、エリリオ・アルサモラが前戦までトップに立っていた。また、走行距離が最も少ないのは、ダビッド・チェカ(1.707km)とケイシー・ストーナー(1.768km)のサフィロ・オキサイド所属の2人である。彼らは、それぞれ1台のマシンでグランプリに挑んでいるために、故障や転倒で予選時間を失うことが起こっている。

Tags:
250cc, 2002, Pablo Nieto

Other updates you may be interested in ›