初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

好調ペドロッサ 暫定ポールポジションを獲得

好調ペドロッサ 暫定ポールポジションを獲得

好調ペドロッサ 暫定ポールポジションを獲得

ダニ・ペドロッサが午前中のフリー走行も含め、予選1日目に非凡な才能を発揮した。開始から9分に一度、トップタイムを出すが、その後ルーチョ・チェッキネロとジーノ・ボルソイに交わされる。しかし、ラスト15分のところで、トップの座を挽回し、暫定ポールポジションを獲得した。2番手と3番手にはチェッキネロとデ・アンジェリスの師弟コンビがつければ、フィンランド人ライダーのミカ・カリオが新鮮な驚きを与える4番手を獲得した。

ランキング総合トップのマヌエル・ポジアーリは、セッション開始直後にトップにタップに立つが、その後20番手までポジションを下げた。最終的には巻き返し、6番手で予選1日目を終える。5番手はアルヌー・ヴァンサン。日本人ライダーでは、東雅雄と宇井陽一が13番手と15番手。海外初グランプリの青山周平は31番手だった。

セッション直前には雲に覆われ、雨の心配があったアッセンだったが、その後日が差し込み、ドライコンディションで予選が行われた。

Tags:
125cc, 2002, Gauloises Dutch TT

Other updates you may be interested in ›