初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

バレンティーノ・ロッシ 今季6度目の優勝

バレンティーノ・ロッシ 今季6度目の優勝

バレンティーノ・ロッシ 今季6度目の優勝

バレンティーノ・ロッシが今季7戦目で6度目の勝利を収めた。アレックス・バロスが再び表彰台を獲得し、カルロス・チェカが2戦連続3位に入った。

好スタートを切ったケニー・ロバーツを始め、7人のライダーがトップグループを形成する。バロスがハイリズムから元王者を交わせば、カピロッシが4ラップ目めに転倒し、離脱する。バロスとロッシが飛び出し、宇川、ビアッジ、チャカ、そしてロバーツを引き離す。ワールドチャンピオンはブラジル人ライダーの後方に着け、ラスト4ラップに勝利に向けたアタックに成功し、5連続優勝を決めた。3位争いを展開していたチェカと宇川だったが、ラストラップに接触。チェカは一度はコースアウトするが3位を獲得。一方で宇川は転倒するが、その後マシンを起こし、最終的に5位でチェッカーを受けた。

中野真矢が8位に入ったほか、ノリックが9位、加藤大治郎が12位、原田哲也が13位だった。前戦のカタルーニャに引き続き、スポット参戦している梁明は15位だった。青木宣篤はトラブルが発生し、11ラップ目にリタイヤした。

Tags:
MotoGP, 2002, Gauloises Dutch TT

Other updates you may be interested in ›