初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

2位に浮上したマールボロ・ヤマハ

2位に浮上したマールボロ・ヤマハ

2位に浮上したマールボロ・ヤマハ

アッセンで開催されたグロワーズ・ダッチTTの結果、マールボロ・ヤマハ・チームがワールドチャンピオンシップのチーム部門において、2位に浮上した。マックス・ビアッジとカルロス・チェカがそれぞれ3位と4位に入り、合計29ポイントを獲得。一方で前戦まで2位をキープしていたウエスト・ホンダ・ポンスは、アレックス・バロスが2位を獲得する快走を見せたが、ロリス・カピロッシが転倒リタイヤしてしまう。この結果、マールボロ・ヤマハ・チームはシト・ポンス率いるチームに5ポイント差をつけ逆転した。

トップはレプソル・ホンダ・チーム。6度目の勝利を飾ったバレンティーノ・ロッシと宇川徹の活躍により、278ポイントに到達し、さらに他のチームを大きく引き離した。また、4番手争いには、5チームが凌ぎを削っている。アンテナ3・ヤマハ・ダンティーンが63ポイント、グロワーズ・ヤマハ・テック3が55ポイント、フォルテゥナ・ホンダ・グレシーニが51、レッドブルー・ヤマハWCMが50ポイント、そしてテレフォニカ・モビスター・スズキが49ポイントで続く。

ここまでポイントを連取してきたMSアプリリア・レースングが今季初めて無ポイントに終わった。

Tags:
MotoGP, 2002, Gauloises Dutch TT

Other updates you may be interested in ›