初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

カルロス・チェカ レース結果とチャピオンシップについて語る

カルロス・チェカ レース結果とチャピオンシップについて語る

カルロス・チェカ レース結果とチャピオンシップについて語る

1人のライダーとしては決して十分ではなく、完璧に満足しているわけではないが、最近、いろいろなことが上手く行っていることを認めなければならない。マールボロ・ヤマハに所属してから表彰台を獲得していなかったサーキットで、連続表彰台を飾った。これはポジティブなことだ。しかし、カタルーニャではロッシと宇川に追走したかったし、アッセンでは、イタリア人とバロスとバトルしたかった。

シーズン中盤に差し掛かり、僕たちのマシンは明らかに進歩した。これは、状況を改善するために僕たちの努力と意欲の成果であることを確認しなければならない。ただし、僕たちが望むようなホンダRC211Vに近づいていないのも確かなことだ。しかし、僕もチームも3番手になるために走るいるわけではない。これまでとやってきたことと同じラインで働き続けなければならない。

現在ランキング3位で、ロッシと宇川に次ぎ、表彰台を獲得しているライダーだ。いずれにせよ、チャンピオンシップ獲得の夢は捨てきれない。最も重要なのは勝利を目指し戦うことである。現状ではあまりに簡単なことではない。

今、イギリスのマイホームで休養し、次戦のドニントンパークとザクセンリンク向け、調整をしている。日曜の午後、アッセンから直接戻り、最近の結果をキープするために充電中なんだ。

Tags:
MotoGP, 2002, Carlos Checa

Other updates you may be interested in ›