初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

チャズ・ディビス 初のホームグランプリに挑む

チャズ・ディビス 初のホームグランプリに挑む

チャズ・ディビス 初のホームグランプリに挑む

アッセンでのグランプリ終了から直ぐに、僕のホームグランプリの準備に取り掛かった。ドニントンパークでのアクションを一年間、待っていたんだ。モチベーションも高い。しかし、リラックスするために他にいろいろと取り組んでいる。ケイシー・ストーナーと彼のファミリーが、月曜に僕の家を訪れた。火曜には魚釣りやモトクロスを自宅近くで楽しんだ。その日は学校を途中で抜け出したんだ。ケイシーを一人にするわけにはいかないだろう?

その火曜は授業で800mと100m、そして三段跳びのテストがあったが、率直に言って悪くなかった。でも、スポーツ尽くしはあまり好きじゃないんだ。僕のアプリリアをどれだけ可能な限り速く走れるかだけを考えている。ドニントンに向け、メンタル面の準備を始めた。何度も走ったコースであり、完璧なラップをイメージしている。

昨年は、英国チャンピオンシップ125ccで100%の力を発揮しなくても勝てた。当然、今年はハードなレースとなろう。しかし、マシンの性能を最大限に引き出せば、ポイントを獲得できよう。もし、バルセロナのような行けば、チャンスが訪れる。しかし、チームは前戦のアッセンでピストンを替え、難しくなってしまった。来週初めには対応を相談しなければならない。問題が解決すると期待している。ドニントンでは、他のマシンで速く走れることは分かっている。だから、マシンを評価するには絶好の機会だろう。

チームへの多くの要求は難しい。実際、僕はスポンサーを提供していないし、必要なニューパーツ購入には費用が掛かる。現状は悪循環だが、グッドな走りをすることを考え、チームも理解していると思う。今までのところ、ライダーとして、ビックな経験を積んでいるし、昨年より遥かに速くなった。シーズン開幕直後は、宇井陽一やマヌエル・ポジアーリが有力だったが、今はたった一度のチャンスで彼らを視野に入れられる。

来週火曜に記者会見と、レイチェスタースクエアーで開催されるバレンティーノ・ロッシのエキジビションに参加するためにロンドンに行く。ファンで一杯になるだろう。そして日曜には彼らの期待に応えたい。

Tags:
125cc, 2002

Other updates you may be interested in ›