初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ハスラム ホームグランプリでの幸運を願う

ハスラム ホームグランプリでの幸運を願う

ハスラム ホームグランプリでの幸運を願う

今週末のドニントンは、僕にとって最も重要なグランプリである。グッドなレースができるよう期待している。当然、毎グランプリが重要だけど、僕のファンの前では大きなプレシャーが掛かるんだ。ドニントンから約20分のところに住み、僕の父親はサーキットでライディング・スクールを開校している。サーキットを他の誰よりも熟知していることを簡単に言える。だから、マシンを限界に持って行けるし、今季、これまでできなかったことができよう。マシンの進歩にとっては、大きな前進となろう。

今季は、失望感を抱いている。全くうまく機能していない。特に準備に問題がある。事前に処理しなければならない問題を抱えたまま、セッションに入るためにセッティング時間を大幅にロスしている。マシンの進歩に影響を来し、結果、他のチームの遅れをとっている。この差を解消しるためには長い道のりが必要だ。先ほども言ったように、今週末は前進するための重要な起点としなければならない。今季終了の時点で、上位10位以内に入ることを僕たちの目標としているが、僕は楽観している。

個人的にはレースに向けての準備法を変えた。今までにないほど、トレーニングに励んでいる。新しいフィジカルコーチの下、モトクロス王者のJ・ダブとスーパーバイクのK・ハリースとトレーニングを一緒にする機会もある。筋力トレーニングでは、自転車を用いることもある。

僕の努力が好結果として表れることを期待しているし、今週末に成果が出れば理想だ。昨年は、500ccクラスで参戦し、無ポイントに終わった。ポイントが獲得できれば、僕にとっても、チームにとっても全てが上向きとなろう。

Tags:
250cc, 2002

Other updates you may be interested in ›