初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ポルト 無念の100戦目

ポルト 無念の100戦目

ポルト 無念の100戦目

アルゼンチン人ライダーのセバスチャン・ポルトは、表彰台の頂上に登りかけていた。好スタートからフォンシ・ニエトやマルコ・メランドリらを抑え、トップで周回を刻んでいた。しかし中盤、ここまで素晴らしい走りを見せていたポルトだったが、肝心なマシンは悲鳴を上げてしまい、自らグランプリ100戦目を祝うことができずにレースを後にした。

このクラス唯一の南米出身のライダーは、無念のレースを語った。「起きてしまったことは非常に残念だ。トップで走り、最高の気分だった。マシンはよく機能した。スタートでトップに立ち、レースのリズムを作ることはそれほど難しくなかった。しかし、13ラップ目にクランクが破損し、僕のグランプリ100戦目を飾る表彰台獲得の可能性が消えてしまった。この状況に失望しているけど、週末は順調だったので満足感もある。」

ポルトはマシンの進歩に対し満足していると同時に、開発が進むことを信じている。「全体的な評価はポジティブだ。僕のチームはグッドな仕事をこなし、マシンは最初からよく機能していた。仕事の方向性はとてもポジティブだと思う。好成績獲得はそれほど遅くないだろう。」

Tags:
250cc, 2002

Other updates you may be interested in ›