Tickets purchase
VideoPass purchase

ヤマハ、ブルノで新パーツ投入

ヤマハ、ブルノで新パーツ投入

ヤマハ、ブルノで新パーツ投入

今週末に開催されるチェコGPに向け、ヤマハは4ストロークマシンM1に新パーツを投入する。ビアッジとチェカのマシン空気力学の分野の改良は、モトGP世界選手権の再開と同時に登場する。

「ヤマハは新パーツ投入のためにハードワークをしてきた。それが製造でき、素晴らしいです。」とマールボロ・ヤマハ・チーム監督のダビデ・ブリビオは述べる。「1ヶ月の中断により、走行がしていませんが、レース部門は常に忙しかったです。ブルノに向け、新パーツを投入します。しかし、全てが新しいこともあり、コースでどう機能するか、様子を見なければなりません。8月のこの期間、規定によりテストができないために、新パーツを試すことができませんでした。」 M1プロジェクトリーダーの依田一郎は改善状況について次のように語る。「改良シャシーがあり、追求していたサスペンションも供給できます。ブルノでは良くなると期待しています。マシンはダウンヒルでのパフォーマンスはいいですし、これはこのコースでは重要です。」

ブリビオはビアッジとチェカがブルノで好成績を獲得することを期待している。「休暇は全員にとって、ありがたかったです。ライダーたちもリラックスでき、リフレッシュし、ラスト7戦に向け、充電された状態でブルノを迎えることでしょう。両ライダーとも前半戦終盤のグランプリでは、コンスタントに速かったです。M1初勝利に向け、戦い続けることを確信しています。」

Tags:
MotoGP, 2002, GAULOISES GRAND PRIX ČESKÉ REPUBLIKY

Other updates you may be interested in ›