初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

史上最年少コンビ誕生

史上最年少コンビ誕生

史上最年少コンビ誕生

今日から開幕する第10戦ゴロワーズ・チェコGPを前に、ニューフェイスが登場する。CWF・マッテオーニ・レーシングに所属するチェコ人ライダーのヤロスラブ・ヒューレスが250ccクラスにスイッチしたことにより、現在ヨーロッパ選手権ランキング総合2位と活躍するイタリア人ライダーのマルコ・シモンチェリを今グランプリから起用することとなった。チームメイトのチャズ・デイビスとは同期15歳で、おそらくグランプリ歴史上最年少コンビの誕生となろう。

一方で、センブルッチはリハビリに励んでいる上田昇の代役としてダリオ・ジェセッペティを起用するほか、エリット・グランプリは負傷が完治しなかった地元チェコ人ライダーのヤクブ・スムルツの代役としてスイス人ライダーのトーマス・ルティを再び抜擢した。また、ヤクブの実弟マティ・スムルツがワイルドカードから地元グランプリに参戦する。

Tags:
125cc, 2002, GAULOISES GRAND PRIX ČESKÉ REPUBLIKY

Other updates you may be interested in ›