初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

フォンシ・ニエト、ラスト数秒のところで暫定PPゲット

フォンシ・ニエト、ラスト数秒のところで暫定PPゲット

フォンシ・ニエト、ラスト数秒のところで暫定PPゲット

予選1日目から激戦のタイムアタックが展開され、特にフォンシ・ニエトとセバスチャン・ポルトのラスト2ラップにおけるバトルは熾烈だった。残り3分を切り、トップに立っていたフォンシは、さらにタイム更新を狙い、前方を走るポルトを追走したが、逆にポジションを奪われた。

両ライダーのバトルはラストラップに持ち込まれ、スペイン人ライダーは0.371秒差で好調アルゼンチン人ライダーを抑えた。ランキング総合トップのマルコ・メランドリは序盤こそトップに立ったが、最終的には3番手に終わった。トニー・エリアスはトップから1秒遅れ暫定フロントロー最後のポジションを確保した。

暫定セカンドローには、ロベルト・ロカテッリ、ロベルト・ロルフォ、ランディ・ド・ピュニエ、そしてフランコ・バッターニが並び、9番手には松戸直樹、10番手には青木治親が入った。

Tags:
250cc, 2002, GAULOISES GRAND PRIX ČESKÉ REPUBLIKY

Other updates you may be interested in ›