初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

パブロ・ニエト、ペドロッサとヴァンサンを抑え、暫定PP獲得

パブロ・ニエト、ペドロッサとヴァンサンを抑え、暫定PP獲得

パブロ・ニエト、ペドロッサとヴァンサンを抑え、暫定PP獲得

スペイン人ライダーのパブロ・ニエトが、サマーバレーク開けのグランプリ予選初日を制した。ダニ・ペドロサとのタイムバトルを展開したパブロは、ラスト1分25秒のとこで、ライバルに僅か0.028秒をつけ、今予選のベストラップを記録した。

ワールドチャンピオンのマヌエル・ポジアーリは、開始早々にトップに立つが、直ぐにペドロッサに交わされるなど、最終的には7位に終わった。そのペドロッサはタイムアタックで自らのタイム更新中に、危うく転倒しそうになり、逆転ができなかった。3番手にはアルヌー・ヴァンサンが、4番手はシモーネ・サンナがつけ、暫定フロントローを獲得した。

セカンドローには、ハンガリー人ライダーのガボール・タルマクシを始め、ルーチョ・チェッキネロ、ポジアーリ、そしてアレックス・デ・アンジェリスが並んだ。日本人ライダーの東雅雄は12番手、宇井陽一は16番手だった。

Tags:
125cc, 2002, GAULOISES GRAND PRIX ČESKÉ REPUBLIKY

Other updates you may be interested in ›