初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

アルヌー・ヴァンサン ハットトリックを逃す

アルヌー・ヴァンサン ハットトリックを逃す

アルヌー・ヴァンサン ハットトリックを逃す

イギリスGP、ドイツGPと2連勝し、再びランキング総合トップを奪回するためにチェコGPに乗り込んだアルヌー・ヴァンサンだったが、体調不良で思うようにグランプリを戦えなかった。しかし、表彰台3位は決して失望する結果ではなく、トップのマヌエル・ポジアーリとのバトルは次戦に持ち込まれた。

フランス人ライダーは、レースを次のように振り返った。「サマーバケーション中から体調を崩してしまった。週末は喉頭痛がひどく、抗生物質を服用しなければならなかった。レースに完璧なコンディションで臨めなかった。」

健康上に問題がある状況で、最高の結果を考えるのは困難であったが、ファイナルラップまで優勝バトルの主役を演じた。8番手グリッドから、好スタートを決め、2ラップ目にはトップブループを引っ張った。「最初の数ラップでトップに立ち、終盤にも前に飛び出したが、逃げ切れることはできなかった。チェッキネロは速かった。」

巨大なグループ内は、めまぐるしくポジションチェンジが繰り広げられ、白熱のバトルは最後まで続いた。ファイナルラップでは、チェッキネロに追いつけず、ダニ・ペドロッサに抜かれ、3位でチェッカーを受けた。体調に問題を抱えながらの表彰台獲得に加え、ライバルのポジアーリが5位に終わったことで、満足のレース結果であった。「この結果は必要だった。ポジアーリはベストの状態ではないし、2ポイント差まで縮めた。これは、残りのチャンピオンシップを戦う意味で、非常にいい状況だ。」

ヴァンサンは開幕優勝から、次々と高ポイント連取している。次戦ポルトガルGPが開催されるエストリルにも、好調を維持したいところだ。そして、エクセレンテなシーズンを締めくくるためにも、この2週間で体調を整えなければならないだろう。

Tags:
125cc, 2002, GAULOISES GRAND PRIX ČESKÉ REPUBLIKY

Other updates you may be interested in ›