初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

アメリカを猛追するイタリア勢ライダー

アメリカを猛追するイタリア勢ライダー

アメリカを猛追するイタリア勢ライダー

ワールドチャンピオンシップの最高峰クラス国別勝利数におけるランキングで、2位イタリアがアメリカを猛追している。現在首位のアメリカは、ローソンの31勝を筆頭に、シュワンツ(25勝)、レイニー(24勝)、ロバーツ(22勝)、スペンサー(20勝)らの活躍により、通算150勝を収めている。

シリーズ第10戦チェコGPでマックス・ビアッジの優勝により、通算144勝目をマークしたイタリアは、アゴスティニの68勝に、今季8勝を挙げているロッシの21勝と勢いがある。首位の座をキープしたいアメリカだが、2000年のパシフィックGPでケニー・ロバーツが優勝して以来、勝利から遠ざかっている。

3位にランキングするのは、通算138勝のイギリス。バリー・シェーンが優勝した1981年8月のスエーデンGPを最後に、英国国歌がサーキットに流れていない。

Tags:
MotoGP, 2002

Other updates you may be interested in ›