初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

チーム・ホンダ・グレシーニ グランプリ100戦目達成

チーム・ホンダ・グレシーニ グランプリ100戦目達成

チーム・ホンダ・グレシーニ グランプリ100戦目達成

MotoGPパドックでは、グランプリ100戦目をここエストリルで達成するチーム・ホンダ・グレシーニを祝った。元125ccクラス世界王者で、チームオーナー兼監督のファウスト・グレシーニは、所属ライダーの加藤大治郎、ロベルト・ロルフォ、そしてエミリオ・アルサモーラと一緒に、記録達成を記念したケーキにナイフを入れた。

97年にアレクッス・バロスをライダーに迎え、ホンダNSR500V2からチャンピオンシップに参戦した。バロスはランキング9位を獲得。2年目はV4を得て、ブラジル人は5位と成績を伸ばす。99年にチームは250ccクラスにスイッチ。同時にHRCと契約し、ロリス・カピロッシがオフィシャルマシンNSRを駆ける。そして2000年に全日本王者の加藤大治郎を迎えると、次々に旋風を起こし、栄光の時代が始った。

加藤の1年目はランキング3位。そして、2年目の昨年は年間11勝をマークし、初優勝を果たした。今年は加藤と共に最大排気量クラスにも参戦。前戦のチェコGPからは4ストロークマシンRC211Vを得て、再び優勝争いに加わる活躍を見せた。また、今年は250ccクラスにロルフォとアルサモーラを迎え、タイトル防衛を目指している。チーム・ホンダ・グレシーニの総合成績は99戦で18勝(加藤15勝)を収めている。

Tags:
MotoGP, 2002, Grande Premio Marlboro de Portugal

Other updates you may be interested in ›