初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

バレンティーノ・ロッシ MotoGPチャンピオンへの道

バレンティーノ・ロッシ MotoGPチャンピオンへの道

バレンティーノ・ロッシ MotoGPチャンピオンへの道

バレンティーノ・ロッシはMotoGP世界選手権チャンピオン獲得までの過程で、破壊的な強さを見せていた。新マシンのホンダRC211Vにおけるハードなテストを繰り返して臨んだ開幕戦鈴鹿から、MotoGP元年の歴史を築いてきた。

統計データーからもイタリア人ライダーの強さが明らかになる。チャンピオンを決めたリオGPまでの12戦で、10勝をマーク。南アフリカGPは宇川徹に続き2位で、リタイヤは僅か1度。そのチェコGPでは、リアタイヤに問題が発生したことが原因だった。ここまで、300ポイント可能のところ、270ポイントを獲得した。

また、ロッシは7度のポールポジションと8度のサーキットベストラップを樹立したほか、鈴鹿、エストリル、そしてリオと3度のレインレースで優勝を収めた。ドニントン、ザクセンリンク、そしてエストリル以外では、終始レースをコントロールし、圧倒的な強さを見せた。

Tags:
MotoGP, 2002, Valentino Rossi

Other updates you may be interested in ›