初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ルーチョ・チェキネロ ケーシー・ストーナーとダビッド・チェカを語る

ルーチョ・チェキネロ ケーシー・ストーナーとダビッド・チェカを語る

ルーチョ・チェキネロ ケーシー・ストーナーとダビッド・チェカを語る

リオの舞台で、ケイシー・ストーナーが今季3度目の6位を獲得し、タレント性を証明した。しかし、若干16歳のライダーにシーズンを通して、結果を求めるには早過ぎる。常に完走することは困難であるが、貴重なポイントを獲得する能力があることを示している。オーストラリア人ライダーは、昨シーズンは2度ほど125ccクラスのワイルドカード・ライダーとして参戦し、今季は初めてフル参戦を戦っている将来有望なライダーの1人である。

チーム監督も兼ねるルーチョ・チェキネロは、ケイシーの成績に大変満足感を示すとともに、彼の経験から来るアドバイスを与えている。「ケイシーは驚くべきライダーだ。彼の結果にはとても満足しているし、コース上ではポテンシャルを簡単に発揮する方法を知っている。彼の特性を引き出してくれたアルベルト・プーチに感謝している。」ストーナーはスペイン選手権に参戦しており、その当時から才能を発揮していた。

ストーナーは1年目としては、際立つ成績を挙げている。ここまでの12戦中に5度、8位以内に入り、最年少ライダーとして高ポイントを獲得している。そして、初めてのアプリリアで、全てが未体験のコースで、高い適応力を見せている。

適応力の点で問題が生じているのは、チームメイトのダビッド・チェカであろう。「ダビッドはマシンのフィーリングが合っていない。チームの技術スタッフは彼が気持ちよく乗れるように、ハードな作業を繰り返している。 偉大なプロライダーながら、いい青年で、誠実で、この状況を耐えている。最近は少し改善されてきたようで、シーズン終了前までには皆が満足することになろう。」

Tags:
250cc, 2002, Casey Stoner, Carlos Checa

Other updates you may be interested in ›