初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

アプリリア コンスタラクター部門で9度目の制覇

アプリリア コンスタラクター部門で9度目の制覇

アプリリア コンスタラクター部門で9度目の制覇

2002年シーズン終了まで4戦を残すモトGP世界選手権だが、アプリリアが250ccクラスのコンストラクター部門タイトルを獲得した。リオGPで今タイトルを確保したイタリアのメーカーは、このクラスで9度目。他クラスを合わせると16度目の制覇となった。

アプリリアはここまでの12戦中に10勝をマーク。内訳はマルコ・メランドリの7勝とフォンシ・ニエトの3勝。勝利を逃した開幕鈴鹿では、ランディ・ド・ピュニエのが2位に入り、前戦リオGPではフランコ・バッタイーニが3位を獲得。この結果、2位のホンダに103ポイント差をつけ、タイトルを獲得した。

アプリリアはまた、もう一つの世界タイトルを獲得するチャンスが目前に控えている。メランドリとニエトの2人はライダー部門の最有力候補である。しかし、ホンダのロベルト・ロルフォとヤマハのセバスチャン・ポルトにもタイトルへの可能性が残されている。

Tags:
250cc, 2002

Other updates you may be interested in ›