初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ホルヘ・マルティネス・アスパル バレンシアのコーナーに名を残す

ホルヘ・マルティネス・アスパル バレンシアのコーナーに名を残す

ホルヘ・マルティネス・アスパル バレンシアのコーナーに名を残す

バレンシア州政府は、バレンシア・リカルド・トルモ・サーキットを通じて、コースの1コーナーに"ホルヘ・マルティネス・アスパル"の称号を与えることを発表した。80ccクラスと125ccクラスで4度、世界チャンピオンに輝いたアスパルの活躍を称え、シリーズ最終戦のバレンシアGPの際には、記念式典を実施することも同時に発表した。現在、アスパルは、チーム・アスパルを率い、125ccクラスに参戦している。

同様にバレンシア州政府は、元F1パイロットのアドリアン・カンポスにも、彼の名を1コーナーに刻むことを発表した。スペイン人初のF1パイロットだったアドリアンは98年よりチームを率い、マルク・ヘネとフェルナンド・アロンソの2人をF1の舞台に送り込んでいる。元F1パイロットの記念式典は来年を予定している。

現在、リカルド・トルモの2コーナーには、この世界を代表する2人の名が付けられている。1人は、500ccクラスを5度制したミック・ドゥーハン。もう1人はスペインの伝説的ライダー、アンヘル・ニエトである。サーキットのジェネラル・マネージャー、ホセ・マリア・オルティア氏は、今回の名称決定に関して、「私たちのサーキットが現在に至るまでに多くの努力を費やしてくれた2人に対して、バレンシア州政府は感謝の意を示したい。」と述べた。

Tags:
MotoGP, 2002

Other updates you may be interested in ›