初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ノリック オーストラリアGPからヤマハM1で参戦

ノリック オーストラリアGPからヤマハM1で参戦

ノリック オーストラリアGPからヤマハM1で参戦

アンテナ3・ヤマハ・ダンティーンの阿部典史が、オーストラリアGPからの残り2戦に、ヤマハの4ストロークマシンM1を駆けることが決まった。今シーズン開幕からマックス・ビアッジとカルロス・チェカが、M1を駆けているが、今週末のマレーシアGPからはゴロワーズ・ヤマハ・テック3のオリビエ・ジャックと中野真矢にも並列5気筒エンジンが供給されることが発表されていた。「ヤマハが、フィリップアイランドから僕たちに1台のM1を供給することを決定しました。これで新たに上位で戦えることを期待しています。」と2ストロークマシンで厳しい戦いを強いいれながらも、昨日は8位に入ったノリックが語った。

チームオーナーであるルイス・ダンティーンは、「ようやくノリックに4ストロークマシンが得られます。4ストローク勢と果敢に戦った彼には、それ以上の評価あると思っています。昨日のレースでは、4ストローク勢との戦闘力の違いをあらためて比べることができました。シーズンを通して働いてきた彼へのプレミアムになるでしょう。」と述べた。

また、ノリックのチームメイトであるペラ・リバが予選中に転倒し、再び足を負傷。レースへの不参加を余儀なくされた。ダンティーンはスペイン人ライダーについて、残り3戦に参戦しないことを語った。「ペラ・リバの不運には、本当に悲しいです。来年の新しいプロジェクトを着手するために、負傷した足を治さなければなりません。従って、彼の今シーズンを終了することを私たちは決めました。彼の決断は誠実だと思います。将来は良くなることを願います。今からホセ・ルイス・カルドソが、私たちのライダーとなります。」

Tags:
MotoGP, 2002

Other updates you may be interested in ›