初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ゴロワーズ・ヤマハ・テック3 4ストロークマシンM1をテスト

ゴロワーズ・ヤマハ・テック3 4ストロークマシンM1をテスト

ゴロワーズ・ヤマハ・テック3 4ストロークマシンM1をテスト

ゴワローズ・ヤマハ・テック3のオリビエ・ジャックと中野真矢が、今週末に開催するマレーシアGPを前に、8日(火)、クアラルンプール近郊のシャーアラムにて、ヤマハの4ストロークマシンM1のテストを実施した。今シーズン、ここまでYZR500を駆けていた2人は、今グランプリから開発が進み、優勝争いを演じているニューマシンが供給されることが決まっている。

テスト会場となったシャーアラム・サーキットは、現在使用頻度が少なく、コースコンディションは低下していていたが、2人とも調整を兼ね約30ラップほどの試乗を行った。ジャックと中野は、それぞれ1台の4ストロークマシンが供給される。もし、クラッシュやエンジントラブルが発生した場合には、YZR500への乗り換えを余儀なくされることになろう。

4ストロークマシンを初めて駆けたジャックは、「最も驚いたのは、ライディングしやすいことが確認できたことだ。ポテンシャル発揮に至るまでの過程が、素晴らしい。2ストロークマシンより、多少はスライドするが、それ以上、大きな驚きはなかった。」とマシンの性能に衝撃を受けていた。

一方で今シーズン前に、4ストロークをテストした経験がある中野は、「僕のチームでテストを行ったのは、今回が初めて。4ストロークマシンを得たことに満足しているし、いいフィーリングがある。2日後に他の4ストローク勢との対戦が待ちきれない。」と新たな挑戦を前に興奮を隠せなかった。

Tags:
MotoGP, 2002, Gauloises Malaysian Motorcycle Grand Prix

Other updates you may be interested in ›