初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

MotoGP F1のアイディア導入

MotoGP F1のアイディア導入

MotoGP F1のアイディア導入

4ストロークマシンがMotoGP世界選手権に登場し、モーターサイクルの最高峰レースに最新のテクノロジーが導入され、非常に重要な発展を遂げている。同時にレースそのものの関心が世界中で高まっている。先週末に開催されたもてぎでは、カワサキが4ストロークマシンで登場し、ホンダRC211Vを駆けたアレックス・バロスが今季初勝利を収めた。

プロトンチームKRも来年は、最新技術を駆使した4ストロークマシンを投入する準備を進めている。一方で、プロトンKR3は燃費に問題を抱えている。特に今回のもてぎのコース設定は、アクセルをコンスタントに開かなければならない。そこで、F1が採用しているように、ガソリンを詰めた状態で、ガソリンタンクごと凍らせ、体積を縮小され、その分、ガソリンタンクに生まれたスペースに、さらに給油するアイデアを適応した。

この結果、プロトンマシンは約1.5リットルほど余分にガソリンを積み込むことに成功。マックウィリアムスと青木宣篤は燃費を心配することなく、レースに臨むことができた。

結果は4ストローク勢は上位を支配したなかで、青木は9位。マックウィリアムは10位でゴールを果たした。そして、ピットに戻ってきた両ライダーのガソリンタンクには、僅かなガソリンが残っていた。

Tags:
MotoGP, 2002

Other updates you may be interested in ›