初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

三つ巴のタイトル争い

三つ巴のタイトル争い

三つ巴のタイトル争い

アルヌー・ヴァンサンがマシントラブリに見舞われた前戦パシフィックGP。タイトル争いを考慮して、2位確保のために無理せずに走っていたが、突然の訪れた不運に、15位までポジションを後退。獲得したポイントは僅かに1に止まった。一方で、一時は閉ざされかけた2連覇への扉だったが、再度希望の光が射しこんだマヌエル・ポジアーリは、2位に入り、19ポイント縮小に成功した。2人のポイント差は、8に接近し、混戦のタイトル争いが展開される。息を吹き返したポジアーリは、第6戦のカタルーニャGP以来の優勝を目指し、一気に逆転を狙いに行く。

第7戦オランダGPに続き、2度目の優勝を飾ったダニ・ペドロッサは、失いかけていたタイトルへの可能性を取り戻した。ヴァンサンとは24ポイント差。ポジアーリとは16ポイント差まで近づき、ポルトガルGPでの無ポイントを多少は奪回した。タイトル獲得の可能性が低いとはいえ、もてぎの勢いをセパンに持ち込めれば、走り慣れたバレンシアGPが最終戦に控えているだけに、面白い存在となるだろう。

Tags:
125cc, 2002, Gauloises Malaysian Motorcycle Grand Prix

Other updates you may be interested in ›